« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

発表会のゲネプロ

を我が教室でやりました。

本番の6月13日を目指し生徒さん一人一人が日々の努力を本番同様の心持で演奏していただきました。

入退場のタイミングからお辞儀の仕方などのステージマナーを中心に生徒さんたちと楽しい時間を過ごしました。

今日は時間外特別レッスンなので私も演奏に関するレクチャーは一切しませんでした。終わった後はお茶会です、生徒さんとの語らいの時間、だらだらのんびりした時間、スペインで過ごしたときのシエスタを思い出します。

思ったよりうちの生徒さんは緊張されずに落ち着いた演奏をされていたので、私も一安心です、この調子で本番も弾けたらいいですね。

最後の合奏のときには思わぬギャラリーが・・・

皆さんとても楽しんで演奏されてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玉井紀行トークライブ2010 in 場々居茶

こんな感じ良いお店でライブが出来てほんっと良かったです。

002_1875x2500_1500x2000

しかし・・・

トークぜんぜんだめジャン(涙

まだ演奏モードからの切り替えがすごい遅いっす。

難しい曲で集中したあととか、ほとんど日本語じゃなかった気がします。

勉強中です。

今日は新しく仕上げたD・ボグダノビッチのJAZZ SONTINEよりⅢを二曲目で弾きました。

お客さんの中には小さなお子さんづれの方もいらっしゃって、終演後に和やかなお茶会の時間が生まれました。

主催者ならびに手伝ってくださったスタッフの皆さんありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玉井紀行トークライブ

ライブだって(笑)

なんか笑っちゃうな。

いつもはクラシックギターコンサートとか、リサイタルとか、ちょっと堅苦しい感じでやってたんですが、今回は「ミニトークギターライブ」だってさ。

お客さんとの距離をぐっと近づけようというコンセプトで企画してもらいました。

やっぱり爆笑トークライブとかにすればよかったかな・・・

ああハードル上げ過ぎじゃろ、多分・・・・しーん(汗)ってなるで。

歌は歌わないんですか?

歌いません。

ポップ・ロック風にいうと、全曲インスト、しかもギター一本、ノンPAだぜ!

いつですか?

明日の29日(土)昼三時から。

どこで?

喫茶 場々居茶 (0838-25-0666) ここでチケット予約できるよ。

山口県の萩市ですよ。

いくら?

飲み物付きで1000円くらいだったような・・・

場々居茶さんに聞いてみてください。

ええー、 ちゃんとしゃべれるんかこいつ?

がんばりまーす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ジャズの日 秋吉敏子

037_2500x1875

すごかったよ~

超感動!!

038_2500x1875

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋吉敏子ジャズライブ

日本ジャズ界の巨匠、秋吉敏子さんのピアノライブが、本日5月25日(火)19時~、21時~の2ステージ開かれます。会場は山口県萩市のジャズ喫茶ビレッジです。

その準備のお手伝いにさっき行ってきました。

ピアノソロなので準備はいつもより楽だとマスターが。ピアノと椅子を移動させたりの会場設定とMC用のPA調節だけでした。30分くらいで終わりました。

ビレッジのピアノには名だたるジャズ界の巨匠たちにより弾き受け継がれてきて、彼らのサインがびっしり書かれています。中にはすでに亡くなられたピアニストのサインも。詳しくはまたの機会に。

ちょっと弾かせてモライマシタ・・・貴重気味に、ひぇ~、 弾けないけど。

前半後半合わせて110人のお客さんが来られるようで、超もりあがりそう。

今回で七回目となる山口公演、ビレッジ企画の秋吉敏子さんピアノライブ。皇后様も御愛聴された彼女の演奏は私も初めてです。

その秋吉敏子さんも御年80歳。びっくりです。

というわけで今日はジャズの日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大河

今は竜馬伝。

世の奥様方中心に悲鳴の声が聞こえます。

男から見ても福山雅治さんはとてもいかしてると思う。好きな俳優です。

実際の坂本竜馬ってあんなに実直でカッコよかったんかな・・・。

リアルにはありえん、無理があるじゃろ(笑)。

少なくとも私の周りにはおらんな。

でも憧れるのぉ。

今日、グラントワの大ホールで 「地球を吹く・気を描く 近藤等則・王子江による新芸術の世界」と題したコンサートを見に行きました。

近藤等則さんの奏でるエレキトランペットの音楽中、王子江さんの水墨画が高さが2メートル、幅10メートルくらいの巨大キャンパスに描かれる、というコンセプトで進行。

近藤さんは音源データに生音を乗せて全部即興じゃなかったかな、王さんの水墨画もほぼ即興でしょうね。

とても良かったです、素敵なコラボでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

谷辺昌央ギターリサイタル&玉井紀行ミニライブツアー ポスターとチラシ

Getattachment

                 谷辺昌央ギターリサイタル
      
       第1回山口ファミリーギターコンサート                                                                                        
     山口市公演 7月31日(土)開場/18:30 開演/19:00
                         会場/  クリエイティブ・スペース赤れんが         
           http://www.justmystage.com/home/akarenga/
            後援/ 山口市 山口市教育委員会
     プレイガイド/ クリエイティブ・スペース赤れんが
           山口十字堂楽器店 三好屋レコード
           山口情報芸術センター  
   
      第5回萩ファミリーギターコンサート
     萩市公演 8月1日(日) 開場14:30 開演15:00
          会場/ La Valse らばるす
             http://www.haginet.ne.jp/users/lavalse/
    プレイガイド/ 萩楽器 萩市田町商店街振興共同組合連合会 
    
    両公演とも一般前売3000円 学生2000円 当日各500円増
            (席に限りがございます)
  
   チケット予約・問い合わせ 萩ギター 090-8117-8461 玉井
            主催/ 萩ギター音楽院 

Getattachment2

谷辺昌央 

経歴

名古屋生まれ。4歳よりピアノを含む早期音楽教育を受ける。7歳から父のもとでギターを始め、その後酒井康雄、鎌田慶昭の各氏に師事。東京大学文学部西洋史学科卒業。在学中に、東京国際ギターコンクールで首席となる。1998年、同大学を卒業。1999年よりローム・ミュージック・ファンデーションの奨学金を受け、ドイツ国立ケルン音楽大学にてロベルト・アウセル氏に師事し、2004年首席にて卒業。現代音楽をパウロ・アルヴァレス氏にルネッサンスおよびバロック音楽をコンラート・ユングヘーネル氏の下で学ぶ。2006年文化庁在外派遣研修員に選ばれ、ドイツ国立カールスルーエ音楽大学大学院にてアンドレアス・フォン・ヴァンゲンハイム氏に師事しドイツ国家演奏家資格を取得して終了。またマスタークラスにてオスカー・ギリア、ディビット・ラッセル、アルヴァロ・ピエッッリなどの薫陶を受ける。

日本、ヨーロッパなどの国際コンクールで10に及ぶの優勝暦を持つ。2006年にはアメリカのメジャーコンクールのひとつニューヨークのジョアン・ファレッタ国際ギターコンチェルトコンクールにおいてアランフェス協奏曲を演奏し、日本人初の2位入賞および聴衆特別賞を受賞。スペイン、ノルバ・カエサリーナ国際ギターコンクール優勝。

ドイツ、ベルギー、ポーランド、イタリア、スペイン、オーストリア、ルーマニア、ポルトガル、アメリカ、ブラジル、アルゼンチンなどでコンサートを行い、西ドイツ放送、ルーマニア国営放送、モンテネグロ国営放送、アルゼンチン国営放送、西ニューヨーク放送等へラジオおよびテレビ出演。スペイン、 トロエリャ・デ・モントグリ国際音楽祭、エルチェ国際ギターフェシティヴァル、ホセ・トーマス国際ギターフェスティヴァル、ノルバ・カエサリーナ・ギターフェスティヴァル、ニクシッチ・ギターフェステヴバル、アルゼンチンの“世界のギター”フェスティヴァルなどに招かれ、高い評価を得る。

2005年にはワシントンDCのケネディーセンターでアメリカ・デビューリサイタルを行い、その模様はインターネットで全世界中継された。2006年には、ニューヨーク、バッファローにてバッファロー・フィルハーモニー管弦楽団とアランフエス協奏曲を共演し2000人の聴衆総立ちという大成功を収め、全米および全ヨーロッパでラジオ中継された。2007年には、ドイツのバーデンバーデン・フィルハーモニーやボッフム交響楽団とのアランフェス協奏曲や、スペインのエクストマドゥラ・オーケストラと“ある貴紳のための幻想曲’’共演する。 

2006年にはスペインとブラジルでコンサートツアーを行い、2008年にはモンテネグロ・シンフォニーオーケストラとのツアーや、南米ツアーをおこなった。ブラジルにおいては、日系移民100周年記念事業の一環として、カメラータ・フロリアノポリスと林光のギター協奏曲「北の帆船」を南米初演した。

これまでにジョアン・ファレッタ、ベルント・ヘンゼ、ヴィトー・クレメンテ、パヴェル・バレフ、ジェファーソン・デ・ラ・ロッカなどの指揮者と共演。またマリア・カラフェリ、エドゥアルド・ロレンツォ、ラファエル・ニコラウなどの作曲家に作品を献呈され初演を行った。

受賞暦

1986年 G.L.C学生ギターコンクール 第1位

      全部門を通しての最優秀者に与えられるG.L.C賞を史上最年少で受賞。

 新人ギター演奏会 第1位

 読売新聞主催 ギターコンクール 第1位

1988年 ギター新人賞選考演奏会(現クラシカルギターコンクール)第1位

1995年 東京国際ギターコンクール 最高位 

2003年 ダンツィヒ国際ギターコンクール 第1位 (ポーランド)

2004年 ゲーベルスベルク国際ギターコンクール 第1位 (ドイツ)

      タイ国際ギターコンクール 第1位 (タイ)

      イセルニア国際ギターコンクール 第1位 (イタリア) 

2005年 ホセ・トーマス国際ギターコンクール 最高位  (スペイン)

 リヒテンシュタイン国際ギターコンクール 最高位  (リヒテンシュタイン)

 コリア国際ギターコンクール 第2位 (スペイン)

2006年 ウェストファーレン ギタースプリング 第1位 (ドイツ)

ノルバ カエサリーナ国際ギターコンクール 第1位(スペイン)

      ジョアン・ファレッタ国際ギターコンチェルトコンクール 第2位  

      聴衆特別賞  

2007年 ニクシッチ国際ギターコンクール 第1位 (モンテネグロ)

     

 

 玉井 紀行のコンサート情報です。  

Img20100416132359_2329x3500    

   玉井紀行  クラシックギター ミニトークライブツアー2010

    萩市公演Ⅰ  日時/5月29日(土)15:00~
            会場/喫茶 場々居茶
                山口県平安古町107 
        入場料/¥1300(1ドリンク付)
             ¥1550(ケーキセット付 コーヒーor紅茶)
   主催 問い合わせ/喫茶 場々居茶
           0838-25-0666(AM10:00~PM6:00 日曜定休日)
                                                 

  萩市公演Ⅱ   日時/6月1日(火)14:35~ 
           会場/萩東中学校 ( 一般入場不可)
               山口県萩市土原556-1
   主催 問い合わせ/萩東中学校
               0838-25-2721
 
            
          *生徒さんによる発表会
           日時/6月13日(日)15:00~(入場無料)
           会場/萩ギター音楽院 
               山口県萩市北古萩1区67
       問い合わせ/090-8117-8461 玉井
           主催/萩ギター音楽院          

 
  周南市公演   日時/7月3日(土)17:00~ 
           会場/上西ギター教室   
               山口県周南市銀南街34銀南街ビル2F 
          入場料/¥1000
   主催 問い合わせ/上西ギター教室 
                0834-33-1717 上西

   
  萩市公演Ⅲ   日時/7月4日(日)13:00~ 
                       15:00~ 
           会場/ログハウス萩
               山口県萩市平安古町310(春日神社前)    
         入場料/一般¥1000高校生以下¥500
             (各公演限定20名様まで)
      主催 問い合わせ/ログハウス萩
               0838-26-7010 山縣

   
   防府市公演   日時/7月10日(土)19:30~ 
    会場/アスピラート2F リハーサル室 0835-21-3643 藤村
            山口県防府市戎町1丁目1-28
          入場料/¥2000
   主催 問い合わせ/藤村ギター教室
                0835-21-3643 藤村

  
    益田市公演  日時/7月18日(日)14:00~ 
           会場/サウンド・パレット 第一ビル教室 
       島根県益田市乙吉町イ336-4 インペリアルビル1F
          入場料/一般¥1000 高校生以下¥500
   主催 問い合わせ/サウンド・パレット
               0856-23-7379 豊田

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふれあいギター講座 1

萩ギター音楽院を立ち上げもうすぐ2年、少しずつですが生徒さんも集まってきました。

F・カルリ(1770年ナポリ生まれ)、ごく初心者の方でも三ヶ月あれば、なんとか形になるようなレベルのエチュードをたくさん書いています。古典期のギター史上、教育者として著名であり、今日でもギター学習者、また指導者にとって重要である。

教育現場でも古典の楽曲として扱いやすく、簡単な二重奏曲も書いているので、一年あれば先生との二重奏も出来るようになるかも(もちろん個人差ありますよ)。

しかし、ギターをまったく触ったことのない方の場合、まずギターに慣れることから始まります。正しいフォームや楽曲解釈も大事ですが、まずは楽しむということが重要になってくるでしょう。覚えることは最小で、音楽の楽しさを知ってもらうということですね。その中で生徒さんが苦痛にならない程度に正しさを伝えるのが、先生の腕の見せ所だと思っています。私はそのような方針でギターを教えています。

ではどうすれば楽しめるのか、

生徒さんのそれぞれのレベルに合わせた合奏のパート譜を先生が作る。これは日々レッスンをしている、生徒さんのレベルを良く知っているギターの先生にしか出来ないことだと思います。

初めて習われるギターを今までに全く触ったことのない方、経験者ではあるが独学だった方、ギターを以前習われてたがブランクが何十年もある方。また未就学のお子様から高校、大学生、それぞれの経験値も考慮にいれなければなりません。 他に楽器をされている方、また以前されていた方、タイプは様々です。

ちなみに今エーデルワイスやラヴェルのパバーヌなどを合奏用に編曲して生徒さんに楽しんでもらっています。楽しむために各パートの難易度を変えています。そうすることによって初心者の方でもすぐに合奏に参加できるのです。

簡単に楽しむことが出来る=合奏は重要 ⇒ 

ギター仲間が増える=さらに楽しくなる⇒

上達する=ギターソロが弾けるようになる⇒

人生が変わる。 

そうこうしてる内に、気が付かない内に、自然な形でソロギターのために作曲されたカルリのエチュードや二重奏の曲も、無理なく弾けるようになるでしょう。

少し弾けるようになると、すぐにさらに上のレベルの曲が弾きたくなるでしょう。

先生が気をつけなければいけないのはこの時です。間違ったやり方をしないように生徒さんを正しい方向に導いていかなければなりません。これが一番難しいです。間違ったやり方を長く続けると、ある一定レベル以上の曲が弾けなくなり、また基本からやり直さなければならない事態になります。二度手間です。

とはいうものの、多くの場合先生がその生徒さんのレベルにあった曲を渡します。

私はある程度生徒さんそれぞれの自発性を尊重します、ある程度ですが。全く無理で手も足もでないような曲は、ご遠慮してもらっています。

突然ですが、「ふれあいギター講座」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

A・ヒナステラ

アルゼンチンの現代音楽の作曲家、A・ヒナステラ(1916~1983)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%92%E3%83%8A%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A9

民族主義の作曲家と呼ぶほうが適切かも。

その中で唯一、一曲だけ、ギターのために書いた傑作のソナタがあります。

Op.47 Sonata。 これはⅠEsordeo ⅡScherzo ⅢCanto ⅣFinale の4楽章でなります。

アルゼンチンのフォルクロ-レを題材にした、前衛音楽です。

この曲を2010年、夏の山口公演でギタリスト谷辺昌央が弾きます。

http://www.youtube.com/watch?v=FdOEG_ZXFwg

ここではⅢCantoとⅣFinaleを弾いています。個人的に彼のⅣFinaleは、はっきりとした小節のパルスとギターの色彩感が絶妙のバランスで、エネルギーの放出に知的ささえ感じます。

ぜひ、彼のコンサートは生でお楽しみください。

         谷辺昌央ギターリサイタル

          第1回山口ファミリーギターコンサート                                                                                        

     山口市公演 7月31日(土) 19時~ 赤れんが

     後援/ 山口市 山口市教育委員会

     プレイガイド/ クリエイティブ・スペース赤れんが

              山口十字堂楽器店 三好屋レコード

              山口情報芸術センター  

   

      第5回萩ファミリーギターコンサート

     萩市公演 8月1日(日) 15時~ La Valse らばるす

     プレイガイド/ 萩楽器 萩市田町商店街振興共同組合連合会 

    

 両公演とも一般前売3000円 学生2000円 当日各500円増

            (席に限りがございます)

  チケット予約・問い合わせ 萩ギター 090-8117-8461 玉井

            主催/ 萩ギター音楽院 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供たちの日

今日は島根県は津和野町、日本五大稲荷の一つ、太鼓谷稲荷神社に行きました。

http://www.tsuwano.ne.jp/inari/about/index.html

萩市の中心から車で約40分で着きます。萩・津和野は旅行パックでよくみかけますね。

パックツアーで思い出しましたが、スペインにいた時ある日本人の一団が、リナレス、バエサ、ウベダ、コルドバとアンダルシア州ハエン周辺の4都市を一日で回るという一般的な日本人の休日日程に合わせた過密スケジュールをこなすのに、へとへとに疲れているのを見たことがあります。

海外に住む人のごく一般的なバカンスの日数は連休は最低一週間、夏休みは一ヶ月。

163_2000x1500

萩市から津和野町へ向かう途中に「うり坊の郷」という道の駅があります。

167_2000x1500

うり坊とは猪の子。

168_2000x1500 

169_2000x1500

売店にもうり坊が。

というわけで津和野町に到着。

171_2000x1500

ここはとてもおいしい稲荷寿司が食べれると評判のお店「美松」、太鼓稲荷の麓にあります。

津和野に着いてすぐここの稲荷寿司を注文しました。

太鼓稲荷神社を上り参拝。戻ってきたとき丁度出来上がっていました。

うわさどうりの美味でした。

173_1500x2000

186_2000x1500

187_2000x1500

191_1950x1463

193_2000x1500

195_2000x1500

205_2800x2100 

太鼓稲荷から見た津和野町。

216_2000x1500

これはなんだろう?

神社を降りるとき見つけました。

219_1500x2000

220_2000x1500

のどかな津和野町

228_1500x2000

229_2000x1500

179_2000x1500 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

流派

茶道には20を超える流派があると言われています。

その中で毎年萩市でこのGW中に開催されている大茶会では、表千家、裏千家、遠州流、小堀遠州流の4流派によって行われます。

クラシックギターの世界では、教則本にあらわれます。

昔ながらのカルカッシ、プジョール、カルレバーロなどがあげられますが、演奏上の基礎原理として多くの教授によって広められています。

ですので単に音楽表現における流派というのとは違うものでしょう。

020_1800x1350

001_1350x1800

田床山から見た指月山

058_1800x1350

068_1800x1350

菊ヶ浜から見た指月山。

124

菊ヶ浜の洞窟から・・・

123_1875x2500

125_1500x2000 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

恒例の萩・大茶会 5月3日、4日

  歴史と伝統の彩る町、萩市のゴールデン・ウィーク中のメインイベントの一つ。

萩・大茶会の模様を少しアップしときます。

452_2400x1800

443_2400x1800

明治4年(1871年)にこの世を去った、もっとも茶道に貢献された歴代毛利家のお殿様の一人、毛利敬親侯を偲んでの献茶の歴史は120年とも言われています。

自在庵保存会を中心としたこの大茶会が発足したのはごく最近のこと。

これは献茶のときの指月神社の写真です。

今日朝九時から始まり、10時より指月公園内をはじめ萩市各所で大茶会がはじまりました。明日も続きます。

詳しくはhttp://www.city.hagi.lg.jp/portal/bunrui/detail.html?lif_id=10572

466_2400x1800

指月山麓からの日本海、対面に世界一小さい活火山である笠山を伺えます。

萩城があった指月山から見て鬼門にあたるため、笠山は毛利の時代から殿様の命により手を入れさせないよう保護されてきました、なので今も笠山は原生林として自然な姿を残しています。

480_1350x1800_2

指月山の麓です。

481_1463x1950

グラントワのロビーコンサートのときにお話した「武蔵あぶみ」です。

指月山に咲いていました。

関東平野に江戸時代から咲いていた花で、馬鞍の鐙に似るところからそう名付けられたそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつでもどこでも音楽祭(石見美術館ロビーにて)

  436_2000x1500

五月二日は連休初日とあってたくさんの方がご来場されました。

ここの残響はとても良く気持ちよく弾けたので、お客さんにも好評でした。

最近の私のライブはトークにも力を入れています。

一週間くらい前から下調べをして、時代背景を調べたり実際の経験談と曲のイメージをつなげて、文章に起こしたりと。

わりと勉強になりますよ、これ。 今日のテーマが美術館で展覧されている、室町時代から現代までにその時代の日本画壇の巨匠によって描かれた名画たち「花とともに」なので、トークの内容も花をからめて作りました。

一曲目に桜を主題にした即興曲を弾きました。

ご来場の皆様ありがとうございました。

434_1500x2000

グラントワの木原さんをはじめ、お手伝い頂いたPAの方々、スタッフの皆様ありがとうございました。

439_2500x1875

帰りの道のりは、やはりというか帰省の県外ナンバーが渋滞。

道の駅は大賑わい、皆さん連休中はお怪我のないようお気をつけて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日益田へコンサート

日付が変わって今日です。

というわけで、

益田市グラントワの石見美術館ロビーにてミニコンサートをします。

その準備を今してます。カメラやらデジカメやら

譜面台と楽譜とか、

楽譜カバーとか、

美術講座「花とともに―日本美術と花のこころ―」と題した展示会を美術館で開催されており

もともと花にちなんだロビーコンサートなので、

花をテーマに即興もするつもりです。

なのでそのイメージも作っています。

益田市は萩市の中心街から車で約一時間で着きますが、

ずっと日本海に面した道を走ります、眠くなるかも。

石見美術館のHPです

http://www.grandtoit.jp/museum/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »